JR三河塩津駅 徒歩10分 蒲郡競艇場から西へ500m駐車場完備
ご予約はこちら 電話:0533-67-3718(ミンナイーハ)

〒443-0038 蒲郡市拾石町浜田 8-1

お問い合わせはこちら
IMPLANT SALON インプラントサイトはこちら

蒲郡市の鈴木歯科/歯医者/歯科医院/歯科治療25年のインプラント専門医/蒲郡インプラントサロン/審美歯科/セラミック/予防歯科/歯周病/入れ歯メインテナンス/愛知県

予防歯科

蒲郡駅のすずき歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
What’s New
料金案内
求人案内
すずき歯科 インプラントサロン インプラント専用サイト
歯科用CT
ポリリンプラチナホワイトニング
歯周病と歯周組織再生、エムドゲイン® ゲル
ヒアルロン酸・ボトックス療法
完全自己血液由来製作フィブリンゲル
LINE
Facebook
Mobile Site

予防歯科とは?

予防歯科とは、お口の中の隅から隅までを診査・診断・治療することにより、お口の中の病気を予防することです。
日本では30歳以上の約8割の方がかかっているといわれる歯周病。歯茎から出血があったり膿が出たりといった症状が起き、そのまま放置しておくと歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、歯が抜けてしまう病気です。

最近の研究によると、歯周病にかかると「糖尿病」「心筋梗塞」「早産・低体重児」などのリスクが高くなるとされています。このような症状を引き起こさないためにも、歯茎から出血があったり、膿が出たりといった症状が見られたら、すぐに歯科医院へ行きましょう。

また歯周病は自覚症状が出にくいので、現在は症状が見られないという方にも「予防歯科」をお勧めします。

予防歯科の重要性

虫歯治療で歯を削ったり、歯周病で歯が抜けてしまったりすると、二度と元の歯は戻ってきません。そうなってからでは手遅れなのです。そのようなリスクを回避するために必要なのが予防歯科です。ほとんどの方は毎日ブラッシングをしていることでしょうが、自宅でのブラッシングのみでは虫歯の原因となるバイオフィルム(台所の滑りのようなもの)やお茶やコーヒーの汚れ(色素)を取り除くことはできません。

歯科医院で定期的なPMTC(※)をしてもらいましょう。また歯科医師・衛生士から正しいブラッシングの指導を受け、自宅でも毎日心がけていきましょう。それが歯の健康、身体の健康を守るためにとても重要なことなのです。

PMTC…Professional Mechanical Tooth Cleaningの略。歯科医師による機械を用いた歯の掃除のこと。


  • 歯石を細部まで取る

  • ジェルを使って歯を磨く

  • 歯質を強化させるフッ素

メインテナンス・定期健診

今日で治療は終わりです。また気になるところがあったら来て下さいね!

今までに治療終了後このような説明を受けたことはありませんか?

「本当に、悪くなってから来ればいいの?」

治療の成功は治療終了後、長期に渡り健康な状況が維持できて、初めて評価できるものです。「歯を抜きに歯科医院に行くのか、歯を抜かないで健康な状態でいられるように歯科医院に行くのか」と言う事です。

ご自身の歯は、自分自身で守ることができます。もう、痛くなってから治療するという従来型の歯科治療から脱却して、いつまでも健康なお口を維持するために歯科医院に行くという考え方に変えてみてはいかがですか?

定期健診は何故必要か?

歯周病は、再発が多い病気と言われています。その理由の一つに、メインテナンスを受ける習慣が日本人に定着していないことが挙げられます。歯周治療が終了しても、きちんとした管理ができていなければ、再発してしまいます。
実際に長年に渡り歯周治療を行い、いったん健康な歯ぐきを取り戻したにもかかわらず、メインテナンスを行わなかったばかりに、2~3年後に再発してしまい、抜歯しなければならなくなった患者様もいます。
歯周病の治療中や治療終了直後は、歯周病菌が非常に少なくなっています。当初はブラッシングも非常に気を配り、一生懸命に行っているのですが、時間の経過と共にだんだん疎かになっていく傾向が多くみられ、再び歯周病菌が増殖し再発を起こしてしまうのです。
メインテナンスとは定期的にお口の中を管理することにより、歯周病の発生や虫歯にならないように健康な状態を維持することです。

アメリカ歯周病学会では、歯周病のメインテナンスを「歯周病の治療の延長であり、歯周組織に対する定期的評価と予防処置を続けることである。そしてその結果、新しいあるいは再発する異常や疾患を早期に発見し、治療しようとすることである。」としています。

メインテナンスの間隔はどれくらい?

メインテナンスとは歯周病の再発を防ぎ、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療終了後は、3~4ヶ月ごとの定期健診の受診をお勧めします。

歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。したがって、この細菌を生涯除去し続けることが歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。

細菌の集団である歯垢は、毎日の適正なブラッシングでほとんど除去することができますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある歯垢はブラッシングで除去することは難しいです。これらは歯科衛生士による専門的なクリーニングが不可欠となります。

歯周病は再発の多い病気と言われています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵された所です。治ったといっても一度溶けてしまった骨が元通りに戻っているわけではありません。健康な状態と比べたら脆くなっています。ブラッシングが不十分であったり、メインテナンスを怠ると細菌が活動し始め歯周ポケットが深くなり容易に再発を起こします。

エムドゲイン法(歯周組織の再生療法)

エムドゲイン法はスウェーデンのビオラ社により開発され、2007年に「歯周病外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」として厚生省より先進医療として認められた安全性の高い治療法です。
歯周病の進行により、骨が溶けてしまったところに、歯が生えてくるときに重要なたんぱく質の一種である、エムドゲイン・ゲルという薬剤を注入し、歯周組織の再生を促します。

PAGE TOP