診療案内|すずき歯科|蒲郡市の歯医者・歯科

すずき歯科

MENU

診療案内

予防歯科

予防歯科とは、お口の中の隅から隅までを診査・診断・治療することにより、病気を予防することです。日本では30歳以上の多くの方がかかっているといわれる歯周病は、歯茎から出血があったり膿が出たりといった症状が起き、そのまま放置しておくと歯を支えている骨が溶けて、歯が抜けてしまう病気です。

もっと見る

歯周病

歯の病気の代表的なものに虫歯と歯周病があります。 虫歯は「歯そのものが破壊される」病気ですが、歯周病は「歯を支える周りの組織に起こる」病気です。歯は歯茎に支えられていると思われていることが多いですが、実はその下にある顎の骨によって支えられています。歯周病はこの顎の骨や歯肉が溶けて破壊される病気で、重度になると歯がぐらぐらして、最後には歯が抜けてしまいます。

もっと見る

一般的な歯科診療

通常、歯科医院に通院した際に受ける治療の大半が「一般的な歯科診療」になります。保険の範囲内で行われる治療が多いことから、「保険診療」=「一般的な歯科診療」という方もいます。

もっと見る

小児歯科

歯が生え始める前の0才児から、親知らずを除く28本の永久歯が生え揃う頃までの口腔内の発達を踏まえた治療を行う歯科治療です。それぞれのお子さまの年齢、心理的・身体的・口腔的特徴を踏まえ、虫歯の予防・治療、噛み合わせの誘導・育成・治療等を総合的に考慮した治療を行います。

もっと見る

ホワイトニング

ホワイトニングとは歯の表面に付いた色素を落としたり、歯の中にある色素を分解して歯を明るくし、歯を白くする技術です。ホワイトニングには、大きく分けると二つの方法があります。 ホワイトニング剤を表面に塗り、ハロゲンライトなどを当てて歯の中にある色素を分解するオフィスホワイトニングと、マウスピースの中にホワイトニング剤を入れて白くするホームホワイトニングがあります。

もっと見る

審美治療

見た目を重視した治療に使う素材に、「オールセラミック」と「メタルボンド」があります。どちらも自由診療になりますが、保険診療で行う治療よりも、見た目はもちろん機能面でも優れている治療法です。

もっと見る

インプラント

インプラントとは、「第二の永久歯」とも呼ばれ、失った歯の代わりとなる人工の歯です。人工の歯根を顎骨に埋め込み、その上に天然の歯とほとんど変わらない見た目の人工の歯を入れます。見た目に優れているだけでなく、自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。

もっと見る

歯ぎしり・顎関節症

歯ぎしり・食いしばりでお悩みの方は「ボツリヌストキシン」を用いた治療法があります。咬む筋肉にボツリヌストキシンを注入することで、こわばった筋肉の弛緩を促します。

もっと見る

ボツリヌスとはボツリヌストキシンからなるたんぱく質のことです。ボツリヌス治療はしわの原因となる筋肉に天然のたんばく質を注射することで、筋肉をリラックスさせてしわをできにくくする治療法です。当院では、歯ぎしり・食いしばりによる筋肉のこわばりを和らげるために使用しています。

食中毒の原因になる菌の名前でご心配の方もいらっしゃるかと思いますが、菌が体内に入るわけではなく、感染も起こしません。希釈したA型ボツリヌストキシンを緊張した筋肉に注入し、神経と筋肉の伝達を遮断して緊張を取り除きます。注入後3~4日で作用が現れ、その作用は約6ヵ月持続します。

矯正治療

矯正にはさまざまな方法がありますが、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく「ワイヤー矯正」が一般的な矯正方法です。 他にも様々な矯正方法がありますので、それぞれの内容・特徴を知り、あなたに合った矯正方法を見つけていきましょう。矯正治療に関してのお悩みもお気軽にご相談ください。

もっと見る